宮内整骨院のモートン病施術

診療時間

モートン病

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足が偏平足になってきた
  • 足の親指が前よりも外側にずれてきた
  • 長時間歩ていると足が痛む
  • 足の親指の付け根が出てきた
  • 医療機関でモートン病だと診断された

モートン病とは?|函館市 宮内整骨院

モートン病とは足の指(足趾)へと神経が、足趾の付け根の部位で圧迫を受けることで生じる神経症状の一種です。モートン医師が発見されたことによりモートン病と言われれるようになりました。

神経が圧迫される状態が続くことが多い場合に起こります。

ハイヒールなどのつま先が細くヒールが高い靴を履くことや、外反母指(がいはんぼし)やつま先立ちが多いなどがあげられます。

個人差はあるのですが、第3〜4足趾間の(第3足趾と第4足趾の向い合う側)しびれ、疼痛、灼熱痛、などの神経痛が出てきてしまいます。

前足部足底の小さな有痛性の腫瘤を主訴で辛さがでている方もいらっしゃいます。

酷くなると、足部だけには、留まらずふくらはぎ(下腿)まて痛みを感じる事もあります。

函館市の宮内整骨院は、モートン病に対して早期な施術をする事で早期な回復を目指していきます。

宮内整骨院が考えるモートン病の原因とは?|函館市 宮内整骨院

モートン病というものが、何が原因で起こったというものははっきりと分かっていません。

しかし、ハイヒールを使用する事が多い場合や、つま先立ちになる事が多い場合、足に負担がかかっている事多いことが分かります。

つま先立ちの姿勢になると、足の指の靭帯と地面が間に挟まっている靭帯を圧迫してしまい、足の指などに神経症が表れてしまうと言われています。

その為、つま先立ちが多い人が、ヒールを履く女性に圧倒的に多い症状となっています。

函館市の宮内整骨院では、何が原因で足に負担がかかりモートン病が起こった可能性に対してもアプローチしていきます。

モートン病を放置しているとどのような影響があるのか?|函館市 宮内整骨院

モートン病を放置しておくと進行していき、痛みやしびれの悪化症状が出ている患部の広範囲化、ふくらはぎ(下腿)まで痛みが顕著になっていきます。

ひどくなりすぎると整骨院では対応しきれない場合もございます。

モートン病に対しては早期な施術をお勧めいたします。足部は安静にしてるとはいえ、全く歩かないのはできないです。ですので、ひどくなる前に一度函館市の宮内整骨院までお越しください。

モートン病に対しての施術方法|函館市 宮内整骨院

函館市の宮内整骨院では、モートン病に対してアーチをつくることと足部の柔軟性、下腿部の筋肉をほぐすことをしていきます。

さらに足部に負担をかけないことも重要になりますので、体重の低下も視野に入れる場合もございます。

函館市の宮内整骨院では、全身の歪みを診ていき、重心の位置などを把握しながら足部に負担がかからない状態を目指して施術をしていきます。

そのためには足の左右差など、骨盤の歪み、姿勢の歪みを診ることでモートン病に今後なりにくいお身体まで回復させることを目標に函館市の宮内整骨院では対応させていただきます。

函館市や函館市近郊の七飯町、北斗市、森町、厚沢部町、瀬棚町、八雲町、江差町など様々な地域の方からお越し頂いております。

函館市で整骨院でモートン病に対して施術をお考えの方は、函館市の宮内整骨院までお越しください。お待ちしております。

お客様からいただいたお喜びの声

患者様の声一覧

お問い合わせ・ご予約

宮内整骨院

access

  • 宮内整骨院 0138410731
住所
〒041-0811
北海道函館市富岡町2丁目23-1
駐車場
8台完備
クレジットカード
VISA / MasterCard /
AmericanExpress / JCB / Diners
(※自費治療のみクレジットご利用可能)
ご予約
予約優先制
休診日
日曜・祝日

診療時間

HOME

料金・アクセス

交通事故治療について

初めての方へ

当院のかかり方

採用情報

スタッフ紹介

患者様の声

スタッフブログ

症状別【全身】

症状別【その他】

損保
初回割引キャンペーン 0138410731