宮内整骨院の捻挫施術

診療時間

捻挫

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足を捻って『捻挫』をしてしまったことがある
  • ぎっくり腰になってしまったことがある
  • 肩を捻って負傷してしまった
  • 捻挫をしてしまい、病院で安静にするように言われたが早くスポーツ復帰をしたい
  • 『捻挫』を繰り返して起こしてしまう
  • 『捻挫』の再発防止をしたい
  • 捻挫に遭い整骨院を探している

捻挫とは?|函館市 宮内整骨院

捻挫とは、一般的に関節にかかる外力により非生理的運動が生じ、関節を支持している靭帯や関節包が損傷することです。足関節では特に前距腓靱帯が損傷されることが最も多い病態です。

靭帯の損傷程度によって、捻挫の程度を三つに分けています。

靭帯が伸びる程度の損傷をⅠ度捻挫、靭帯の一部が切れるものをⅡ度捻挫、靭帯が完全に切れるものをⅢ度捻挫と定義しています。

一般的に多いと考えられるのが、足首ですが『指(突き指)』『腰』や『肩』でも起こり得ることがあります。

上記でも説明した通り『捻挫』には損傷の度合いがあります。靭帯・腱・軟骨が損傷・炎症を起こしている場合が多く、激しい痛みが起こる場合から、少し気になるくらいまで、その痛みは様々です。

損傷の度合いなどにより、『捻挫』により組織が傷ついているので内出血(皮下出血)が起こります。更に損傷部位が腫れてきます。

損傷が起こると痛みを感じる物質が出るため痛みを感じるようになります。

捻挫が起こる場合は明らかな原因があります。例えば『走行中に足を捻って捻挫した』『階段で足を踏み外して足を捻挫した』『バケットボールをしてる時にボールが指にあたり突き指(捻挫)をした』『重たい荷物を持った際に腰を痛めた(ぎっくり腰)』などスポーツを行っている際や日常生活でも捻挫が起こる可能性はあります。

足の捻挫でいうと、『内反捻挫』が1番多く考えられます。

字の通り内側に捻って起こる捻挫になります。

捻挫の痛みが完全に消え切るとなると、早くても3週間、治りが遅かったり、負傷部位の繰り返し動作がある場合は2か月にまでなると緩和することが多いです。

更に痛みが消えたとしても、関節の靭帯が緩んでいるので結果的に痛みが出ていなくても捻挫が繰り返しやすいお身体になります。

函館市の宮内整骨院では、『捻挫になったときの対処』と『捻挫の繰り返し動作が起こりくいように施術』していければと思います。

宮内整骨院が考える捻挫の原因とは?|函館市 宮内整骨院

一般的に起こりやすいので、『足首』の捻挫になってきます。

スポーツをしている際の、激しい動作など接触プレー然り、一人でのプレーでも起こり得ます。オーバーワークによる疲労による集中力の低下などもあげられるでしょう。

ひどくなると日常生活の質も下がります。

損傷がひどい状態ですと、靭帯の断裂があると関節のぐらつきや不安定性が生まれます。

なので、きちんと『捻挫』対する応急処置をしていくことが今後に影響を及ぼします。

函館市の宮内整骨院では、『捻挫』に対して早めの処置をしていくことをおススメしております。

捻挫を放置しているとどのような影響があるのか?|函館市 宮内整骨院

捻挫の重症度や頻度などにもより、変わりますが捻挫を放置していると、繰り返して何度も不意に起こる可能性が増えてきます。

特に多いのが足首の捻挫になります。

突き指(指の捻挫)になると指に形が変形してしまったりする可能性が増大します。

また、突き指(指の捻挫)や足首の捻挫はスポーツしてる際に言い出しづらい部位にもなるのではないでしょうか。

お身体のどの部位にも、捻挫は起こりやすいです。無理せずにしっかりと処置を受けていきましょう。

捻挫が起こってしまった場合、運動機能はどうなるかと言いますと損傷が起こってますので筋肉の低下などもあげれます。

それに加えて、予後に関節のぐらつき(不安定性)がある場合、筋肉の力の入り方が弱くなる可能性があります。

その周りの組織が損傷により筋肉が硬くなる可能性があります。過去に捻挫をされたことある患者様は内反時の足首の関節が緩く、なおかつ足首の屈曲運動の可動域制限がある。

それが原因で足首の可動域の動きの逃げ場がなく、外反方向に足首が逃げてしまう場合が多いです。

函館市の宮内整骨院では、患者様のニーズに合わせてオーダーメイドの施術を行いますのでスポーツを継続しながらや完全に安静にして処置していく場合など施術の仕方は変わっていきます。基本的に捻挫をした場合は、安静にしてください。

急性期の捻挫に対しての施術方法|函館市 宮内整骨院

『捻挫』といいましても損傷度合いにより、応急処置の仕方が変わってきます。

急性期の捻挫の痛みを応急処置していく場合ですと、捻挫のⅠ度損傷、Ⅱ度損傷では基本的にRICE処置を行ってきます。

捻挫のⅠ度損傷は靭帯が引き伸ばされた状態です。Ⅱ度損傷は靭帯の部分的な断裂があります。

それに対しては Rest(安静)・Icing(冷却)・ Compression(圧迫)・Elevation(挙上)の4つの処置を行っていきます。

更に函館市の宮内整骨院では、ES-5000という最新機器を導入していきます。

ES-5000という機器は2021年のオリンピックにサポートして導入しております。

2021年のオリンピックで優勝された選手も使用しているものになります。

捻挫のⅢ度の損傷は靭帯が完全に断裂してしてしまっているため、損傷部の固定が必要になります。

これにより、患部の痛みをとっていきます。

捻挫のⅢ度の損傷は靭帯が完全に断裂してしてしまっているため、損傷部の固定が必要になります。更にしっかりと脱臼や骨折がないかの確認が必要になります。ですので、しっかりと診ていただける整形外科様にご紹介させて頂きます。

函館市の宮内整骨院では、捻挫に遭われた場合早めの応急処置をしていくことが大切だと考えています。

函館市で捻挫に遭われて、整骨院を探されてる方は函館市の宮内整骨院までお越しください。函館市の宮内整骨院スタッフ一同お待ちしております。

お客様からいただいたお喜びの声

患者様の声一覧

お問い合わせ・ご予約

宮内整骨院

access

  • 宮内整骨院 0138410731
住所
〒041-0811
北海道函館市富岡町2丁目23-1
駐車場
10台完備
クレジットカード
VISA / MasterCard /
AmericanExpress / JCB / Diners
(※回数券のみクレジットご利用可能)
ご予約
予約優先制
休診日
日曜・祝日

診療時間

HOME

料金・アクセス

交通事故治療について

初めての方へ

当院のかかり方

採用情報

スタッフ紹介

患者様の声

スタッフブログ

症状別【全身】

損保
初回割引キャンペーン 0138410731